くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

ダーニングマッシュルームを買う

誰ですか?2ヶ月前に、2017年編み始めなんて仰った方は。はい、私です。

あの後、急に暑くなりましたよね?

なんかもう「最近の天気おかしくないですかね?だって10月ですよ。この暑さ。」ってことでしたよねっ?

…。

10月は遊び呆けておりました…。なんかこう、爆発した!みたいな…。幸せでした。

 

さて。

例のけいとやさんOpal・オパール/Schoppel毛糸とaddi編み針のお店【けいとや】が日本での事業展開され始め、ますますアグレッシブになったようですね。

ドイツならではのけいとやさん独自の空気感。忘れた頃の商品到着のプレゼント感とか。外国から来られよったとです、っていう特別感とか。そういう無くしちまったものもあり…。

とはいえ、たぶん機動力や余計な心配など考えると日本で展開するのは良いでしょうってことで。これからも応援しましょうネ。

 

と言うわけで、初けいとや@ジャパン で、念願のダーニングマッシュルーム買いました!

f:id:paljon:20171121113909j:image

ちまたで販売してるの高いので、これ、900円くらいなの。このくらいでいいよ。ダーニングが趣味じゃないんだもん。必要に迫られてやってるだけだもん。ハマナカのガチャのボールでいいくらい。でも可愛いは正義だしねぇ。買っちゃうよねぇ。

あ、でも日本で販売してるの、制作の手間やら発注個数やら考えると決して高くない。まだまだダーニングが趣味みたいに盛り上がってる段階では仕方ないね。これがボタン付けくらいに日常の作業になれば、価格も下がってくるはず。100均で輪針売るようになったくらいだから、先は分かりませんな。

f:id:paljon:20171121115441j:image

組み立ててみましたが、ぐらつきそうかなと思ったらそうでもないけど、斜めに力入ったらちとヤバいくらいかなと。日本だったら組み合わせる部分をキッチリはまるようにそれなりに処理するんだけど、これ、カーブに沿ってるだけでそこら辺が甘いよね。

それよりパッケージ開けにくい、玉ねぎの皮剥いてるんかと思うくらい紙を剥いて開けました。

ビバ!日本企業。

編み始め2017

さて、お久しぶりです。今年もようやく編み始めました。

 

朝晩が涼しくなり、それに伴いめっきりお腹が痛くて痛くてたまらない日々。

昨年の婦人科検診の時に先生に相談したら、「それって大概冷えからきてるんだよね。」って軽〜〜く言われたんだけどね。

「いや、先生。ハウッってくらいの痛さなんですよ。」「うんうん、それ、冷え。」「はあ、そうですか。」その軽さ、嫌いじゃないわよ。

嫌いじゃないから先生を指名してるのよ、前に婦人科検診予約の当日に事務の方が電話してきて、「(婦人科で有名な)◯◯先生が空いてるんですけど、△△先生でよろしいんですか?」って聞いてきたくらいの軽さなのよ。「誰でもいいんです」って答えたのは悪かったわね。バスの中だったのよ。

 

と、言うわけで、基本的に手足の先は冷えないのに、足首やら首やら腹やら尻やらが冷えてきた、ここ最近の私。

確かに温めると、嘘のように痛みが治まるので、ここはひとつ、編み始めましょうかってことで。

f:id:paljon:20170919213144j:image

覚えてますでしょうか、このキット。

(その前に、画像が綺麗になったとお思いでしょうか。iPhoneになりました。ふふ。)

ホビーラホビーレで購入したレッグウォーマーですよ。

 

私は足先が割と暑いもので、くつ下だとすぐに脱ぎたくなるわけです。ということは、レッグウォーマーの方がいいんじゃね?ってことで、今年一発目のくつ下…です。

 

愛用5ミリのaddiソックワンダー一本使用してます。

そ、そして、憧れの編み込み模様です!!!

が!!めんどくさい!!あれ?めんどくさいよー。思ったよりずっとめんどくさい。

一回一回指にかける糸を外し、違う色の糸を引っ掛けて、また外し、また違う色の糸を…。

いやこれ、絶対違うし。こんなん、ラトビアのおばあちゃんがやってる訳ないし!

f:id:paljon:20170920175403j:image

それでもここまで編めました

 

ちょっと調べてみたら、日本ヴォーグ社 はじめてのフェアアイルニット スターターセット用動画 - YouTubeがものすごく分かりやすい。色んなやり方を紹介してるのね。ほーほー。

でもね、心なしか、右手にかける方法ってやりにくそうなんだけど…。私はアメリカ式編み方なもんで、右手にかけたいわ。

「モバイルで見られない」って出るかもしれません。その場合は改めて検索してね。

以上、今年も編みますぞ〜〜。

よろしくお願いいたします。

 

広告を非表示にする

ロシアのミトン本を買ってしまう

「見てはいけない」と思いつつ、見てしまう。それが古書玉椿さんのサイト。

インスタをフォローするからいかんのじゃよ、でもやっぱ見たいじゃん!あ!!!

f:id:paljon:20170628104706j:image

買っちまいました…。

ロシアのミトン本。

先っぽが三角のやつね。その部分に空気を溜めるから暖かいそうな。

『ロシアのニット作家、イリーナ・ロマノワによる色鮮やかな編み込み模様が素敵なミトン・パターン集。』とのことです。

エストニアとかラトビアとかに隣接するロシアですから、というよりバルト三国ってのはごく最近ロシアから独立した国々なので、文化が似てるのは当たり前のこと。

先日まで、狂ったようにエストニアの本を買い漁っていたような気がして、また買う気?必要なの?かぶってないの?と自問自答すること数日。

可愛いは正義なのである。ということで、家にあるのだった。ニット作家さんということなので、ちとおしゃれ感あり。

 

この本、すごく分かりやすくて親切なの。

f:id:paljon:20170628105406j:image

指の部分の作り方やら、先っぽの編み方やら、ハッキリくっきり写真で解説してある。

…言葉分からんけど。

別のページでは、編み込みの糸渡しのポイントを写真で解説してある。

…言葉分からんけど。

英語圏以外の本を買うと、何も解らないというデメリットはあるわね。でもほら、私の場合、靴下しか編まないから…。柄の編み図さえあれば…。

f:id:paljon:20170628105801j:image

ほら、私のウンコカメラの携帯では、編み図が謎の渦巻きを形成してしまってますね…。仕方ありませんね。もうすぐ買い換えです。

※実際は見られます。

古典柄をモチーフにちょっと可愛く仕上げてあるのが特長ですね。すごく愛らしい。靴下にしても素敵素敵!きっと!

紙質は、「すごく張り切って高いコピー用紙買ったけどインクジェットだと限界があるよね」って感じの紙質と印刷です。まあ、日本が異常に紙質いいだけなんだけどね。

こないだ買った毛糸で編んでみようかな…。ふっ。

ソックブロッカーをうっかり買う

わたくし、びっくりしてしまいました。

あ、そういえば、秋まで編みません宣言をいたしましたが、買い物関係は書いていこうかと思い綴らせて頂いております。ご了承ください。(もしかしたら編み出す事があるかもしれませんので、そちらもご了承ください。)

 

さて、わたくしびっくりしてしまいました。

今回のブログを書こうかと「ソックブロッカー」とGoogle先生にお伺いしたところ、私の拙記事(ソックブロッカーなるもの)がトップに表示されたのでございやす。ああ、ビックリしたぜ。あのGoogleだぜ。ひゅー。

まあソックブロッカーを買いたくて検索した人は、限りなくイライラするに違いないけどね。あ、でも買わなくていいのかと返って有益な記事でもあるのか、ふふ。

 

と、ゆうわけで。

お仲間増えました。

f:id:paljon:20170526120709j:image

冬になると、自分の履く靴下と編んだばかりの靴下と、と、結構ソックブロッカー使うのよね。もう一個欲しいなぁ作ろうかなぁとかねてより考えておりました。

たまたまある日、朝鶴さんのサイトを見てみたら、これがセール品として掲載されていたのですっ!!おおっ。

なにより、

アヒルちゃん。ですし。

f:id:paljon:20170526120726j:image

定価では絶対に買わなかった金額が、おお、安い!と。バスッと真っ二つにお安くなっておりました。何があったのでしょう。こんな可愛いのに。

そして、夏が近づき、世間の靴下熱が冷めたこの頃に、うっかり売れ残ってしまっている気の毒さ。こんな可愛いのに。

私のダメなところは、値引き額を考えて買い物しちゃうところなんだよねぇ。正直、こんなものにセール価格とはいえ3000円以上出すのは、今の私にはもう~MOTTAINAI!(なんでいきなり英語なんだか訳わからんけども。)とはいえ、この値引き額の大きさ、すごくね?ってな。

また、アヒルっちゅうのがポイントで。だってアヒルですぜ。買うやろ、買っちゃうやろ。

でも何この罪悪感は。あー、まあ使うけども。真ん中に風通しの穴空けてほしかったけども。でも使うけども。ほんと可愛いって罪よね。

f:id:paljon:20170526120810j:image

正直、販売業者の方々には申し訳ないのですが、p.p.ボードで手作りした方のが使いやすいよ。なにしろ軽いんで。

プラッチックのブルーのも今回の木製品のも

f:id:paljon:20170526121340j:image

重いのですよ。負けまへんで。っちゅうくらい重いんですよ。私の好みは風にフラフラとたなびく軽さですよ。乾きが早いような気がするんですよ。まぁあくまでも気がするだけですけどね。乾きの早さから言ったらワイヤーに敵うものなしですよ、まぁこれも気がするだけですけどね。

でも結局可愛いは罪なんですよ。

インスタにアップするにはナイスな小道具なんですよ。女子に大ウケなんですよ。はい。

 

これまで朝鶴さんでは(サイトも少し見にくいせいで)買い物をしようと思ったことがなかったのだけど、こうやってうっかり買い物できて良かった。

サクサクっと買い物できて対応も早くて良かった。普通郵便でお願いしたので時間かかるかと思ったのに、朝鶴さんのスピーディーな対応に郵便も早く着いてビックリよ。

ほんとほんと、今回はビックリしてばっかりよ。

おそらく秋くらいに再開

いつもご購読ありがとうございます。

さて、前回母への靴下を編んだ段階で、一旦靴下をお休みします。

ちなみに、ゴールデンウィークに帰省したところ、履き口はもっとゆったりした方がよいということを言われました。足に跡が付くらしいです。丈は長い方がいいとのことだったので、ルーズソックスみたいなのかなぁ、と漠然と思ってます。あ、それってそのままエストニアとかラトビアの靴下じゃね?

まあ、ご希望の靴下を編む予定ですが、それはまた秋くらいかなぁ。

ということで、しばらくはこのブログは更新されないと思うので、更新状況が分かるようなブックマークをされておくことをお勧めします。

かのこゴム編みのくつした

f:id:paljon:20170421084423j:image
ようやく編み上がりました。

母への誕生日プレゼントパートⅢ、「かのこゴム編みのくつした」です。

 

 使用本はこちら。

つま先から編む かんたん、かわいいくつ下

つま先から編む かんたん、かわいいくつ下

 

 冬の怒濤の猪谷靴下の製作スピードから比べると、この手の遅さはなんとも物悲しいですけど。まあ、2ヶ月で3足編めてるんだったら、そこそこかなと。⬅自画自賛

相変わらず糸の細さを考えずに編み進めてるもんだから、やり直しも半端ない。かかとを編み上げてから気づくんだよ、遅い。反省だわ。

そして…

f:id:paljon:20170421084455j:image

やはり編み目が汚い…。全体的にボソボソとした印象になってしまうのは、編み目が一定してないからだな。編んでいる最中でも、それはすごく感じるくらい。弛かったり、キツかったり。

早く編むと一定するんだと予想するけど、今の私はメッチャ遅い(笑)。利き手じゃない方で編んでるのかしらと思うくらい。まあ、こういう手仕事は数こなすと上手くなる訳で、時間を置かずにチャッチャと次編むのが正解かも。とはいえ、気分的に一気に進めることが出来なくなっているので、どうしよかな。やることも沢山溜まってきてるし…。

ただ、靴下は編み終わった後にまたすぐ編みたくなるのは何故だろう。新しい靴下を物色してるのであった。…もう一回これを編もうかなぁ。

猫の目数マーカー、その後

以前、目数マーカーに、ビーズ用パーツを利用したブログを書きましたが。

その後。


f:id:paljon:20170325113049j:image

金パーツにはリボンが付けられました(笑)

(刺し子糸使用)

年のせいか、なんか金色と銀色の区別がつきにくくて。なんだかなぁと思ってリボンをつけてみたら。

色が薄くなってた…。

f:id:paljon:20170325113246j:image

どちらも同じ金色

ビーズアクセサリー作る方はご存じだと思うけど、、こういう安価なパーツは色落ちが早いんよね。まあ純金じゃないからだけど。

こうなってくると、目印は必須だわ。


f:id:paljon:20170325113626j:image

時々キティちゃんみたいになる(笑)


f:id:paljon:20170325113527j:image

左は銀色、右が金色。実際はあまり変わらない。

真似しようなんて奇特な方は、お気をつけあそばせ。

 

*****

このブログは、くつ下を編むこと以外は書かないと決めてるのだけど。昨日引退を発表した、フィギュアスケート浅田真央さんについて語りたい。

 

私はマツコ・デラックスと同じく、伊藤みどりからのフィギュアスケートファンで、真央ちゃんが出てきたときは、周りの興奮とは異なり冷めた目で見てた。(伊藤みどりの物凄い破壊力のジャンプで育てられた私は、それ以上考えられなかったからだ。)

でも、彼女のスケートに対する真摯な姿、誠実な態度、何より美しいジャンプに惚れ込んでしまった。どれだけ打ちのめされても、恨まず妬まず悔やまず責めず、言い訳をせず、本当に美しい選手だった。(素晴らしい選手だったのに、才能に溺れたせいで、言い訳ばかりしていた某選手とは大違い。)

技と技の間のスケーティングの美しさも、演技力も、本当に見事だった。

ソチのフリーの演技は、涙なくして観られない。史上最高の演技だったと思う。

こんな素晴らしい演技を見せられたら、後は真央ちゃんがやりたいようにやればいいと思った。恐らく多くのファンが思ったであろうも思うけど。

だから、復帰すると聞いたときも、今回引退すると聞いたときも、それでいいと思った。「感動をありがとう」なんてひとりよがりな事を言いたくないけど、そうだなぁ、彼女は私の尊敬する人なのです。

 

私が好きな演技は、真央ちゃんが長らく低迷してた後、NHK杯で踊った仮面舞踏会。

ダイナミックな振り付けで、最後の体力がない状態でのストレートラインステップは、満身創痍の言葉そのものだった。

観客も視聴者も巻き込んでの物凄い盛り上がりで、真央ちゃんも声援を受けて、神がかってた。そして、最後に勢い余ってズルッと滑ってしまった、それを最後に笑い飛ばせた真央ちゃんと一緒に笑ってた観客の、一体感。忘れられない。

そして、もちろん、ソチのフリー「ラフマニノフ」。観る度に泣いてしまうし、この話をすると、泣いてしまう。

 

今日、初めて真央ちゃんが引退を決めたという昨年の全日本選手権の演技を観た。ジャンプは失敗したけれど、演技力の素晴らしさは、この先まだまだプロスケーターとしての彼女を見ていたいと思った。

だって、真央ちゃんは、「Dream Fighter」でしょ。

Perfume