くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

addiソックワンダー【使い始め編】

TwitterInstagram全盛のこの時代に、何故私がいまさらブログを始めたのか、というと、

addi ソックワンダーの情報が少ない

からでした。

「買いました!」とかはよく目にするんだけど。「レポします」とか「比較した記事をアップしたいと思います。」とか。まあブログなんて気の向くままで書くものなんだし、熱心な読者でもないのに文句言えた義理でもないし。でも、なんだかモヤモヤする~。

ほとんど唯一取扱いしてる、けいとやさんでは売れ行きもそこそこいいらしい(在庫数をチェックする限り)のに、なんで情報が出てこないの??addiの主力商品であるソックロケッツとかプレミアムターボとかと比べると寂しい限り。じゃあ、ワシが書いてやろうじゃないか。と思ってブログを始めたわけです。

 と、ここまで書いといて、「ぶつぶつ自己紹介しとらんとさっさと書けや!」という声が聞こえる気がするわ…。


f:id:paljon:20170121175859j:image

勢い余って破いてしまったの図

 

さて、まず私は現在クロバーの40センチ輪針2本で靴下を編んでます。

編みにくいか?別に。編みやすいか?別に。

こんなもんかなぁと思いながら、編んでます。

 不満といえば、コードが固いので、片方を編んでる間休ませてる方の針が、クワガタの角よろしくこちらを向いていることくらいでしょうか。先端恐怖症でもないのですが、まるで小型犬に遠くで威嚇され続けてるようで、密やかにイラッとする感じ。

後は、針を変える部分が広がってしまうことが不満です。これは私の腕前の問題で、コツがあるのでしょうが、輪針2本でこれなんだから、棒針5本なんてったら穴だらけになっちまう。

 ガッシンガッシンと編み進めてると次の針、またガッシンガッシンと編み進めてると次の針、と、動きが止まってしまうのも気にくわないところ。

で、addiソックワンダーが手元に参りましたので、編んでみたいと思います。

けいとやさんのサイトによると、 「長い針先で編み目をしっかり保持して、短い針先で快適に編むことができます。」

f:id:paljon:20170121175300j:image

ちっちぇー

 はいはい。右が短い針、左が長い針ね。編みかけの靴下(友達用)を移し替えて編んでみる。…。編めないことはないけど、編みにくい。

私は右手の指に毛糸をかけて編む「アメリカ式」で編んでます。(多分に漏れず、母から習いました。) 元々編み針を親指と中指薬指で挟んで持つくせがあるので、短いことは仕方ないレベルで我慢できるけど、交通渋滞が起こるのです。

左が長いと、かなり先の、編み目がコードの部分(針の手前)で渋滞していき、針先までたどり着かない。右が短いと、たった編み終えた目がたった数目分で針で渋滞していく。こんな感じで右左両方でチマチマ渋滞するもんだから、イライラ。二三目編んではチマッ、二三目編んではチマッ!ようするに、左右の渋滞のタイミングが合わなさすぎるのがストレスだったのです。

と、ここで、編みやすいと評判のaddiがこんなの作るかなぁと思い立ち、addiのサイトを覗いてみると、

あれ?これ、右手で長い方持ってないか?

ちょ、観てみ。

いつまでも作り目とかしててメリヤス編んでくれないけど。

 

ってことで、左右を入れ替えてみました。

f:id:paljon:20170118144750j:image

 おおー、これなら普通の輪針と(ほとんど)変わらん!!左が若干短くてチマッと持たなきゃあかんけど、もともと針を支えるだけのことしかしてないんだから、つまんでおけばいいさ。

 

私の手は昔から小さめで輪針ですら少し長すぎるなと感じることもたまにあるので、このすっぽりと手のなかに入るサイズの針はよいのかもしれません。

編み始めは編み目がきつくなりがちでしたが、2、3段ほど進めるうちに手が慣れてちょうどいい編み目になってきました。(友達のなんだけど…。)これ、いいかも。

たくさんの方が言ってるように、チマチマ編む感じになります。ガシガシ感は薄れますが、針先がうまくできてるので、スルスル進む感じです。

これまでクロバーのアルミ輪針は、文句ゆうほどの不具合はないけれど、これがかの有名なaddi品質なんだなーと、感心したところ。例えるなら、クロバーが「味噌煮込みうどん」だとしたらaddiは「稲庭うどん」。シルクのような滑らかさでツルツル進みまーす。(私の例え話はよく聞く人を混乱させる。)

数本の毛糸を一度に編んでいく猪谷靴下の場合、編み逃しが度々発生してましたけど、この針は正しい箇所にするっと入っていく感じ。それはいい感じだね。

とりあえず、編み終わってからのご報告はまた後日。(と言っておいて…)

けいとやさんの福袋2017

待ってたよぉ~福袋!!

あまりにも待ちかねたせいで、郵便やさんを噛みつかんばかりに出迎えてしまった。どうでもいいけど、最近の郵便やさんは、腰にレシート発行機を付けてて、玄関口でモタモタとレシートを出してくるのが、いらっとする。さっさと渡して消えやがれ!って、うそ、いつもありがとうございます。

 

さあ、

f:id:paljon:20170117144216j:image

けいとやさんの福袋、ソックニッターAtoZ。

いくつか種類があった福袋ですが、「これを買えば靴下が編めます」の初心者用セットということで。まあ、ソックブロッカーが入ってるということが大きいのですけどね。


f:id:paljon:20170117145751j:image

おしながき


f:id:paljon:20170117143502j:image

まず毛糸5つ。

一目見たとたん、「なんや~ん、私の好み知っとったんかーい!!」と(心のなかで)叫んでしもたわ。元気一杯の明るいカラー、大好き!

元々編み込みが編みたいと思ってるので、模様が浮き出てくるタイプの毛糸はいらないと思ってたんだけど…。これ見たら、目がハートマークになってしまった!福袋は今年がこれで最後と思っていたのだけど、来年度は毛糸だけのにしよう!!なんて鼻息が荒くなっちまったりして…。自分で選ばないってのがポイントやと思う!楽しい!

単色50グラムの赤がものすごくキレイで。この画像じゃ分かりにくいんだけど、少しピンクブルーが混じったような、本当に美しい色。グレーも杢が入った使いやすそうな色。

猫も杓子もOPALばかりで食傷気味なので、変化球のラインナップに満足じゃ。

 

f:id:paljon:20170117144819j:image

ソックブロッカー。なんやぐちゃぐちゃ言ってたくせに、あっさりとこういう機会があると購入するのであります。Sサイズ。しっかりしてて、ええわ。

けいとやさんのサイトで、ドイツではソックブロッカー使わないって書いてあったのに、どこから手に入れたのだろうか。


f:id:paljon:20170117145001j:image

addiソックワンダー。

このソックワンダーも内容に入ってたのも、ポイントでした。サイズは一番細いのに交換してもらったあと、猪谷のために3.75ミリも追加注文。早速猪谷靴下をこれで編むつもり。


f:id:paljon:20170117145220j:image

肉球すべりどめ。金を出してまで買おうと思わないけど、もらうと嬉しい物のひとつ。いや、もらってないんだけど、買ったんだけど。


f:id:paljon:20170117150857j:image
木製ボタン。好きなの(右)とそうでないの(左)。

コインチョコと手洗い石鹸。石鹸はエコ洗剤のサンプルが間に合わずのお詫びのお品。この石鹸の香りが箱の中にいい香りを。

 

これでおしまい。7700円。

届くまで、色んなサイトやInstagramを検索し、届いたという写真を見ては舌打ちしていたのだが、ようやく心穏やかになるのでしょう。良かったわ。

とはいえ、まだ猪谷靴下を編むのであった。

猪谷黒靴下

トータルで4足目の猪谷靴下。
f:id:paljon:20170113100056j:image

ブロッキング前でごめんなさいよ。

同じ糸でも、色によって太さが違うのね。黒と紺を混ぜてみましたが、これまでより若干細めみたいで編み心地も少し違う感じ。出来上がりも厚みがややない感じが。


f:id:paljon:20170113100311j:image

こんな風に、光によっては分かりやすく黒と紺の毛糸です。

 

今回は編み直しゼロで上手く行ったかなーと思ったけど、

f:id:paljon:20170113100444j:image

な、なんなんだ、このデカイ穴わ!!

毛糸と針の太さが合ってないのが原因ではと思う…。母はタイツの上に履くからこのままでもいいかな…。

 


f:id:paljon:20170113100620j:image

かなり進んだ辺りで発覚した、編み逃し。履き方によっては一番目立つ場所に出てくる。なぜ、お前はそんなに堂々としてるのだっ!

 

色々問題はあるが、冬将軍まっさかりの北国では私を待ってる人がいる~♪ので、このまま送ります。

 

手製ソックブロッカーを実家に進呈してきたので、はよ、けいとやさんの福袋が来ないとブロッキングできない…。

広告を非表示にする

マダム手芸 人

f:id:paljon:20170111161301j:image
ホビーラホビーレでセールをしてたので、以前から憧れの目で見てる(見てるだけ)の林ことみさんのレッグウォーマーキットを買ってしまいました!

底値かな…(まだ下がるか?)としばらく悩んだけど、前回見たときより、また値下げしていたので買いまひた。定価の半額だし。毛糸の色数を個別に買うよりは安いだろ、きっと。同じ柄のミトンもあったけど、それは我慢。

 ホビーラホビーレって、「手芸をやりこむ人向け」というより、「手芸に興味のある、お金がある人向け」の店だなぁといつも思ってるので、マダムな買い物したと思ったのでした。

百貨店で、仲良しマダムたちがきゃっきゃ言いながら孫に作るなんてゆってるのを、微笑ましく見てたもんだ。手芸店にしては邪気がないというか(笑)

手芸好きな人は邪気がある…と思ってる。

でも、高いのよ。

この会社のキットは、全般的にそれほど素敵じゃないのよ。

さて、これは、レシピ通りにレッグウォーマーにするか、靴下に変更するか、悩み中。

 

広告を非表示にする

2017年にやりたいこと

このお題でブログを書けとのお達しが、運営会社から来ておるので、書いてみようかしら。

 

今年は、編み込みの靴下を編むぞ。

 

と、いうわけで。いつまでも猪谷靴下ばかり編んでいては、一号針なんて扱えなくなってしまいそうなので、そろそろ猪谷靴下を一休みして、編み込みを始めようかと思います。

とはいえ、猪谷靴下は、あと母の一足、友達の一足、私の一足は少なくとも編みたい…。足首の一目ゴム編みだけ編んでくれる人いないかしら、何気にあそこ編むの好きではないのよねぇ。

皆さん、踵とか同じ編み方されてるのかしら、それともいろんなのを挑戦してるのかなぁ。私的には猪谷靴下の編み方大好きなんだけど、時々変わったかかとの手編み靴下見ると、可愛いなぁと思ったりもする。うーん。


f:id:paljon:20170109160256j:image

とりあえず、今現在の余り糸を巻き巻きしました。めんどくせ。このくらいの小さい巻き巻きする器械はないものか。一個は絡まりまくり、泣きながら巻き巻きした。ダーニングに使えるので、ちっちゃいのも捨てないぞ。

 

年末に注文した、けいとやさんの福袋。

全く音沙汰ないので、ハラハラして、皆さんのインスタやらなんやらで到着した情報を調べてたら、今朝、1月8日に発送したとのメールが届いていた。ひとまず、ほっ。

はよ、届けー!

 

あけました

年末年始は、実家で3足目の猪谷靴下を酔っぱらいながら編んでおりました。と、いうよりほとんど酔っぱらっていたので、編み上げる予定がギリギリになってしまい、慌てて「目数何故か合わないんだけどー!まーいーわ!」と、ガシガシと編み上がりました。ほっ。帰る日の前の日の事でした。

本日、「あったかいよ」と履いた写真が母から送られてきたので、まあ良かった。それまでに編み上げた靴下は、家族に撒いてきました。

やはり私の編み方はキツいようで、最初編んだのは23センチの姉にもキツいと言われたのだった。さらに毛糸自体も同じ中細の糸でも他のより細いような気もする。うーむ。

 

さて。

あれだけ大量にあった毛糸もすっかりなくなり、年末に会った友達にも約束したので、また毛糸買ってきたのでした。

f:id:paljon:20170105134539j:image

猪谷なアタシ。

 サンカクヤのセールの度にこの毛糸を買ってるわよ。レジの人ともそう話したとこ。

セールだと240円だけど、15玉も買うと4000円近くになり、私は一銭にもならんことを何一生懸命やってるんだ。

「一銭にもならん」なんて、最近の人は使わんだろ!どうだ!

 さて、そろそろ編むか。

広告を非表示にする

ダーニングする

巷でじわじわと流行ってるダーニング。

靴下の穴の繕い物のことです。

f:id:paljon:20161223120903j:image

しっかり穴空いてますね。

 

私のお気に入りのブランド、bulle de savon

おもろかわいい服を多く手掛けてるお店ですが、靴下も超カワイイ。

で、この靴下も一目惚れして買ったのはいいけど少し薄くて、穴が飽きやすいみたい。

 

で、ダーニングすることにしました。

ダーニングマッシュルームという、ダーニング専用のキノコ型の物が必要です。

が、高い!!アホみたいに高い!!

かわいさと、値段のかわいさで、密やかに狙ってたけいとやさんのキノコのダーニングは、私の目の前で売り切れてしもたので、代わりになるもの…。

昔は代用品として電球が使われたらしいけど、めったに電気が切れない現代では電球はあまり家にない…。それに、現代の電球は昔のツルツルの形じゃないね。

f:id:paljon:20161209112438j:image

ハマナカの「箱の中身はなんでしょね」の手芸ガチャ。のカプセルが大きさ的に丁度いい。

ちなみに、中身は一番いらないと思ってた毛糸玉だった…。重さでえらんだら、これだよ。舌切りスズメの強欲ババアだよ…。まさか毛糸が重いなんて想像もしなかったぜ。

 

と、言うわけで、

f:id:paljon:20161209112952j:image

生地も薄いので、ちと大きめにダーニングしてみた。

手持ちの毛糸や刺繍糸で、平織りをして生地を作り上げる感じで、普通に糸でかがるより、履き心地が柔らかくてよい感じ。

前号の暮らしの手帖でやり方が載ってます。私は立ち読みです。特に難しいことないので、買うほどのことでもないというのが感想。

仕上げは、糸を裏にからませ、スチームアイロンでぎゅっと縮ませて、出来上がり。

f:id:paljon:20161222150806j:image

履いたとこ。

さて、「お前が喜ぶもの~」と笑顔で穴開き靴下を持ってきた、夫の靴下もやっといた。

f:id:paljon:20161222150907j:image

いや、こないだ喜んだのは、ダーニングをしたことなかったからようやくできる!と喜んだだけで…。まぁいいや。

広告を非表示にする