読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

ソックブロッカーなるもの

よくよく調べてみると、靴下を編み上げた後にブロッキングということをするらしい。ブロッキングをすると、編み目が美しくなり、形もキレイになる、とな。

んじゃ、してみるか。

 

さて、ブロッキングという作業には、ソックブロッカーというものが必要になります。販売もしてますが、割りと高めなので手作りする方も多いらしいです。

半年前の私なら買ってたかもしれないが、今はただの専業主婦という名のニートなので、作るのであります。

 

本当はクリーニング屋のワイヤーハンガーなんかを利用するのが良さげだったのですが、先日部屋の大掃除にて多量に棄てたばかり。100均にもあるけれど、10本セットで、そんなにいらないし。だいたいせっかく棄てたのに、またわざわざ買うのも気に入らないよ。

なので、0.75厚さのppシート400×570mm(うろ覚え)とかいうプラッチックの板を100円ショップで購入。もっと厚い板もダイソーなんかには充実してますが、あんまり厚いとハサミを入れられません。カッターならええやんと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、厚いので何度も刃を入れる必要あるのと、曲線も多いのでオススメしませんぞ。

また、大きさもこのくらいないと一足作れません。2足分作るつもりで買ったのに大きさ一足でギリギリでした。

 

さて、ソックブロッカーの形ですが、まず「けいとや」さんを検索します。ご親切にも無料でソックブロッカーの型紙を公開していただいてます。

ブロッカーを印刷して型紙にし、足の大きさに合わせて、型紙を作るのです。こちらで公開されてる型紙は男性用のようですので、気をつけなはれや。

尚、けいとやさんでは、ビニール性のランチョンマットをオススメしてたのですが、少し柔らかすぎるのと、柄が気持ち悪いので、私はppシートにしてみました。ランチョンマットの方がハサミは使いやすいはず。

このけいとやさん。ソックニッティング界に多大な貢献をしていただいてるみたいで、有難い存在です。私もお世話になったのですが、その記事はまた後日。

f:id:paljon:20161124112719j:image

ひっかけたかったので、ハンガー部分も作る。

 

 で、ハサミで切る!

f:id:paljon:20161124112828j:image

風通しをよくするために、穴もあけました。

 

これで、ソックブロッカー完成。割りと丈夫。