くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

ダーニングする

巷でじわじわと流行ってるダーニング。

靴下の穴の繕い物のことです。

f:id:paljon:20161223120903j:image

しっかり穴空いてますね。

 

私のお気に入りのブランド、bulle de savon

おもろかわいい服を多く手掛けてるお店ですが、靴下も超カワイイ。

で、この靴下も一目惚れして買ったのはいいけど少し薄くて、穴が飽きやすいみたい。

 

で、ダーニングすることにしました。

ダーニングマッシュルームという、ダーニング専用のキノコ型の物が必要です。

が、高い!!アホみたいに高い!!

かわいさと、値段のかわいさで、密やかに狙ってたけいとやさんのキノコのダーニングは、私の目の前で売り切れてしもたので、代わりになるもの…。

昔は代用品として電球が使われたらしいけど、めったに電気が切れない現代では電球はあまり家にない…。それに、現代の電球は昔のツルツルの形じゃないね。

f:id:paljon:20161209112438j:image

ハマナカの「箱の中身はなんでしょね」の手芸ガチャ。のカプセルが大きさ的に丁度いい。

ちなみに、中身は一番いらないと思ってた毛糸玉だった…。重さでえらんだら、これだよ。舌切りスズメの強欲ババアだよ…。まさか毛糸が重いなんて想像もしなかったぜ。

 

と、言うわけで、

f:id:paljon:20161209112952j:image

生地も薄いので、ちと大きめにダーニングしてみた。

手持ちの毛糸や刺繍糸で、平織りをして生地を作り上げる感じで、普通に糸でかがるより、履き心地が柔らかくてよい感じ。

前号の暮らしの手帖でやり方が載ってます。私は立ち読みです。特に難しいことないので、買うほどのことでもないというのが感想。

仕上げは、糸を裏にからませ、スチームアイロンでぎゅっと縮ませて、出来上がり。

f:id:paljon:20161222150806j:image

履いたとこ。

さて、「お前が喜ぶもの~」と笑顔で穴開き靴下を持ってきた、夫の靴下もやっといた。

f:id:paljon:20161222150907j:image

いや、こないだ喜んだのは、ダーニングをしたことなかったからようやくできる!と喜んだだけで…。まぁいいや。