読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

addiソックワンダー【使い始め編】

TwitterInstagram全盛のこの時代に、何故私がいまさらブログを始めたのか、というと、

addi ソックワンダーの情報が少ない

からでした。

「買いました!」とかはよく目にするんだけど。「レポします」とか「比較した記事をアップしたいと思います。」とか。まあブログなんて気の向くままで書くものなんだし、熱心な読者でもないのに文句言えた義理でもないし。でも、なんだかモヤモヤする~。

ほとんど唯一取扱いしてる、けいとやさんでは売れ行きもそこそこいいらしい(在庫数をチェックする限り)のに、なんで情報が出てこないの??addiの主力商品であるソックロケッツとかプレミアムターボとかと比べると寂しい限り。じゃあ、ワシが書いてやろうじゃないか。と思ってブログを始めたわけです。

 と、ここまで書いといて、「ぶつぶつ自己紹介しとらんとさっさと書けや!」という声が聞こえる気がするわ…。


f:id:paljon:20170121175859j:image

勢い余って破いてしまったの図

 

さて、まず私は現在クロバーの40センチ輪針2本で靴下を編んでます。

編みにくいか?別に。編みやすいか?別に。

こんなもんかなぁと思いながら、編んでます。

 不満といえば、コードが固いので、片方を編んでる間休ませてる方の針が、クワガタの角よろしくこちらを向いていることくらいでしょうか。先端恐怖症でもないのですが、まるで小型犬に遠くで威嚇され続けてるようで、密やかにイラッとする感じ。

後は、針を変える部分が広がってしまうことが不満です。これは私の腕前の問題で、コツがあるのでしょうが、輪針2本でこれなんだから、棒針5本なんてったら穴だらけになっちまう。

 ガッシンガッシンと編み進めてると次の針、またガッシンガッシンと編み進めてると次の針、と、動きが止まってしまうのも気にくわないところ。

で、addiソックワンダーが手元に参りましたので、編んでみたいと思います。

けいとやさんのサイトによると、 「長い針先で編み目をしっかり保持して、短い針先で快適に編むことができます。」

f:id:paljon:20170121175300j:image

ちっちぇー

 はいはい。右が短い針、左が長い針ね。編みかけの靴下(友達用)を移し替えて編んでみる。…。編めないことはないけど、編みにくい。

私は右手の指に毛糸をかけて編む「アメリカ式」で編んでます。(多分に漏れず、母から習いました。) 元々編み針を親指と中指薬指で挟んで持つくせがあるので、短いことは仕方ないレベルで我慢できるけど、交通渋滞が起こるのです。

左が長いと、かなり先の、編み目がコードの部分(針の手前)で渋滞していき、針先までたどり着かない。右が短いと、たった編み終えた目がたった数目分で針で渋滞していく。こんな感じで右左両方でチマチマ渋滞するもんだから、イライラ。二三目編んではチマッ、二三目編んではチマッ!ようするに、左右の渋滞のタイミングが合わなさすぎるのがストレスだったのです。

と、ここで、編みやすいと評判のaddiがこんなの作るかなぁと思い立ち、addiのサイトを覗いてみると、

あれ?これ、右手で長い方持ってないか?

ちょ、観てみ。

いつまでも作り目とかしててメリヤス編んでくれないけど。

 

ってことで、左右を入れ替えてみました。

f:id:paljon:20170118144750j:image

 おおー、これなら普通の輪針と(ほとんど)変わらん!!左が若干短くてチマッと持たなきゃあかんけど、もともと針を支えるだけのことしかしてないんだから、つまんでおけばいいさ。

 

私の手は昔から小さめで輪針ですら少し長すぎるなと感じることもたまにあるので、このすっぽりと手のなかに入るサイズの針はよいのかもしれません。

編み始めは編み目がきつくなりがちでしたが、2、3段ほど進めるうちに手が慣れてちょうどいい編み目になってきました。(友達のなんだけど…。)これ、いいかも。

たくさんの方が言ってるように、チマチマ編む感じになります。ガシガシ感は薄れますが、針先がうまくできてるので、スルスル進む感じです。

これまでクロバーのアルミ輪針は、文句ゆうほどの不具合はないけれど、これがかの有名なaddi品質なんだなーと、感心したところ。例えるなら、クロバーが「味噌煮込みうどん」だとしたらaddiは「稲庭うどん」。シルクのような滑らかさでツルツル進みまーす。(私の例え話はよく聞く人を混乱させる。)

数本の毛糸を一度に編んでいく猪谷靴下の場合、編み逃しが度々発生してましたけど、この針は正しい箇所にするっと入っていく感じ。それはいい感じだね。

とりあえず、編み終わってからのご報告はまた後日。(と言っておいて…)