読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

アルネ&カルロスの毛糸

編み中

 アルネといえば、ヤコブセン

でもニット業界でいえば、アルネ&カルロスだそうな。

Arne & Carlos Easter Knits: Eggs, Bunnies and Chicks  -  With a Fabulous Twist

Arne & Carlos Easter Knits: Eggs, Bunnies and Chicks - With a Fabulous Twist

  • 作者: Arne Nerjordet,Carlos Zachrison
  • 出版社/メーカー: Search Press Ltd
  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログを見る
 

 前回regiaの編み心地に感激したので、次はけいとやさんの福袋に入っていたこの、アルネ&カルロスのデザインした毛糸を使って編むことにした。

写真で見る限り柄がうるさそうだったので、つま先・かかと・履き口は、これまたけいとやさんの福袋に入っていたregiaのグレーを使うことに。

f:id:paljon:20170217102318j:image

気持ちの問題かしらんけど、編んでいて、やはりOpalより若干スルスル感があるような。あくまでも主観だけどね。

 

ところで、けいとやさんの新製品発売記念セール、ものすごい頻度じゃないですかね。皆さんその度に買うのかなぁ。

私が競い負けたregiaコットン単色は、段数マーカーの可愛さに心が揺れたんだけど、夏も手編み靴下を履くのか?コットン必要か?という迷いのせいで、お目当てが売り切れてしまった。

その次のregiaの発売記念セールでは、メーカーが色を間違えて染めたという商品の色がきれいだったので欲しかったけど、5個セットでお買い上げのお客様にプレゼントとか。

靴下なんて一玉で2足編めるんだぜ、5玉とかあってどうするんだ…。靴下しか編まないと決めてるので、躊躇しちゃうよね。なんか世の中のニッターさんが「また買ってしまった」とか「在庫が段ボール○箱」とか、分からなくはないわ…。私も今、経済状態が余裕があれば、バクッと買っちゃうわよ。危ない危ない。

 

さて。

編み始めて一週間以上経ってますが、

f:id:paljon:20170219163050j:image

こんな状態です…。

4回くらいやり直ししてます。

今回はショートロウに挑戦しようと、がんばってるのですが、編み地が固くて針が入りにくいし、編みにくい、目数が合わない、目が緩んだ位置に大きく穴が空いてる(ような気がする)など…。

こ、これが、苦手な人がいるというショートロウか。

そして、ようやく出来たとおもったら…。

長さが16センチくらいしかなかった。おいおい、どういう訳だ。

というわけで、ほどいてここまでやり直し。はー。

楽しかったガゼットヒールに戻るか、出来上がりの風体が似てる猪谷靴下のかかとに逃げるか、もう一度チャレンジするか、今、テンションかなり落ちてるので、悩み中~。