読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

世界手芸紀行、買いました

今月号の毛糸だま、待ちに待ったラトビアのミトンの特集です!!!

ただ、わたくし買うのは保留中。立ち読みしたけど、ラトビア以外の作品にあまり興味がなかったので、買うのが勿体ないなぁと二の足を踏んでいる最中。つまり雑誌の内容がほとんど興味ないという訳。買うのも躊躇するが、好きじゃない物を家に置くというのにも躊躇してるの。うーん。

その代わりといってはなんですが、一目惚れ、パッケージ買いに近い形で即買いしたのがこれ。

f:id:paljon:20170224094833j:image

世界手芸紀行

靴下本でもないけれど毛糸だまに連載したものをまとめた本ですので、許してね。

世界各地の手芸を日本に紹介するべく活躍する、日本人女性たちを取り上げています。が、どちらかというと写真は世界各地の手芸の美しい写真が多くて、それがメインなのでカラフルな色合いに目の保養になります。

帯にも書いてるけど、「"好き"を"仕事"にした日本人女性たち」ってことで、正しくその通り。"好き"に対するエネルギーの強さはパワフルで一直線、しかもあっけらかんとしてる。(余りにも猛進してるので、もしかしていつの日か"好きじゃなくなった"ってあっさり止める事も想像したりする(笑))

でも、次々と新しい可愛い手芸が紹介されて、本になったりお教室になったり商品になったりして、目に止まるようにしてくれたのは彼女たちなんだなぁと本当にありがたく、嬉しくなってしまった。

とにかく、写真が素敵で、目に色彩が飛び込んできますぞ。元気の素!

 

世界手芸紀行

世界手芸紀行

 

 

毛糸だま  2017年  春号  No.173 (Let’s Knit series)

毛糸だま 2017年 春号 No.173 (Let’s Knit series)

 

 

 

さて、編みかけのregiaですが、考えすぎて気持ちが疲れきったので、自分用に猪谷靴下を編み始めましたが、色合いが気持ち悪くなりすぎたのでほどいて、止めました…。ワインレッドって、鬼門よね、タメイキ*

猪谷靴下をほどくのは、恐ろしく面倒であることをお伝えしておきます。