読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

誕生日プレゼント、慌てる

それは3月に入ったある日のこと。

「ギャ!母の誕生日今月やーーーーん!」

ふと、思い出したのでした。

これまでノンビリダラリと、靴下をゆるゆる編んだり編まなかったりしてたのを猛省し、今からなら!5日に一足で計算しても、3足編める!!と思った…。結果。

f:id:paljon:20170315121444j:image

かろうじて一足…。

それも糸が細いので、キツめ。履けないことはない。でも…。洗ったら伸びるよね、ね。

あんだけ騒いでたのに結局ガセットヒールになってるし。ってそれよりも私「ガゼットヒール」って読んでたわ。今まで書き間違えあったろうからゴメンよ。(訂正は多分…しない。)

opalの方が、regiaのこの糸より編むのが楽しかったな。柄が派手にコロッと変わるところとかひとつの模様がそれなりに長いし。アルネアンド…ヤコブセンじゃなくて…まあこの糸は、細かくチマチマと柄が変更されてそれがいつまで続くか分からないという、ちょっと飽きちゃうね。それにリピートの終わりが分かりにくい。まぁ、丁度一足分に近いところでリピートすることが判明しましたけど。

f:id:paljon:20170317075803j:image

アルネアンドカルロスやった…。

ってことで、取り急ぎ一足だけ、実家に送られたのでした。