くつしたあみたい

初心者がアレコレ悩みながら靴下を編んでいく道程

猫の目数マーカー、その後

以前、目数マーカーに、ビーズ用パーツを利用したブログを書きましたが。

その後。


f:id:paljon:20170325113049j:image

金パーツにはリボンが付けられました(笑)

(刺し子糸使用)

年のせいか、なんか金色と銀色の区別がつきにくくて。なんだかなぁと思ってリボンをつけてみたら。

色が薄くなってた…。

f:id:paljon:20170325113246j:image

どちらも同じ金色

ビーズアクセサリー作る方はご存じだと思うけど、、こういう安価なパーツは色落ちが早いんよね。まあ純金じゃないからだけど。

こうなってくると、目印は必須だわ。


f:id:paljon:20170325113626j:image

時々キティちゃんみたいになる(笑)


f:id:paljon:20170325113527j:image

左は銀色、右が金色。実際はあまり変わらない。

真似しようなんて奇特な方は、お気をつけあそばせ。

 

*****

このブログは、くつ下を編むこと以外は書かないと決めてるのだけど。昨日引退を発表した、フィギュアスケート浅田真央さんについて語りたい。

 

私はマツコ・デラックスと同じく、伊藤みどりからのフィギュアスケートファンで、真央ちゃんが出てきたときは、周りの興奮とは異なり冷めた目で見てた。(伊藤みどりの物凄い破壊力のジャンプで育てられた私は、それ以上考えられなかったからだ。)

でも、彼女のスケートに対する真摯な姿、誠実な態度、何より美しいジャンプに惚れ込んでしまった。どれだけ打ちのめされても、恨まず妬まず悔やまず責めず、言い訳をせず、本当に美しい選手だった。(素晴らしい選手だったのに、才能に溺れたせいで、言い訳ばかりしていた某選手とは大違い。)

技と技の間のスケーティングの美しさも、演技力も、本当に見事だった。

ソチのフリーの演技は、涙なくして観られない。史上最高の演技だったと思う。

こんな素晴らしい演技を見せられたら、後は真央ちゃんがやりたいようにやればいいと思った。恐らく多くのファンが思ったであろうも思うけど。

だから、復帰すると聞いたときも、今回引退すると聞いたときも、それでいいと思った。「感動をありがとう」なんてひとりよがりな事を言いたくないけど、そうだなぁ、彼女は私の尊敬する人なのです。

 

私が好きな演技は、真央ちゃんが長らく低迷してた後、NHK杯で踊った仮面舞踏会。

ダイナミックな振り付けで、最後の体力がない状態でのストレートラインステップは、満身創痍の言葉そのものだった。

観客も視聴者も巻き込んでの物凄い盛り上がりで、真央ちゃんも声援を受けて、神がかってた。そして、最後に勢い余ってズルッと滑ってしまった、それを最後に笑い飛ばせた真央ちゃんと一緒に笑ってた観客の、一体感。忘れられない。

そして、もちろん、ソチのフリー「ラフマニノフ」。観る度に泣いてしまうし、この話をすると、泣いてしまう。

 

今日、初めて真央ちゃんが引退を決めたという昨年の全日本選手権の演技を観た。ジャンプは失敗したけれど、演技力の素晴らしさは、この先まだまだプロスケーターとしての彼女を見ていたいと思った。

だって、真央ちゃんは、「Dream Fighter」でしょ。

Perfume